05≪ 2017/06/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ・シンデレラを鑑賞しました~(*^。^*)

バレエ・シンデレラを観に新国立劇場に行ってきました~♪
ランチは~イタリアンレストランのリストランテ・マキャベリでいただきましたよ。
新宿の小田急デパートの13階にあります。
スプマンテはまたまた私だけで~(申し訳ない)
お料理も~みんな美味しかったんですけど、特にパスタが最高でした。
リゾットとどちらにしようか悩んでいたら~パパちゃんがリゾットを注文してくれて~
リゾットも一口、いただきましたよ。パパちゃんに感謝ですぅ~へへ
MACHIAVELLI2.jpg

そして、新国立劇場に着くと~もうすっかりクリスマス~☆
あちこちに綺麗なクリスマス・ツリーがあって~気持ちも高揚しちゃいましたよ。
舞台は撮影禁止なので~お写真はありませんが~ポスターで雰囲気を感じて下さいね~(*^。^*)
シンデレラには意地悪なお姉さんが二人登場しますが~この舞台では~とてもコミカルに演出されていて
笑えましたし、楽しめました。
3幕が終わって会場を出ると、辺りは暗くなっていて~それこそ~素敵な輝きのある街になってましたよ~(*^。^*)
しばらく、素敵なクリスマスツリーに魅了されてました。
初めての生バレエを観て、感動してテンションも高くなっていたので~ルンルンでしたね~☆
cinderella2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

tag : バレエ 新国立劇場 リストランテ・マキャベリ

オペラ「オテロ」新国立劇場にて

先日、またまたオペラを聴いて観て?来ましたよ~ふふ
ジュゼッペ・ヴェルデイ作曲 オテロ です。
毎度ですが、撮影禁止なので~ポスターでご勘弁下さいませ~<(_ _)>

第1幕、2幕、3幕、4幕という構成です。
簡単なあらすじを書いておきますね。
主人公のギプロス島の司令官オテロとその妻デズデモーナの悲劇の物語なんですが
オテロの旗手イアーゴはオテロが自分をさしおいてカッシオという青年を副官に選んだことを逆恨みします。
復讐をたくらむイアーゴはカッシオとデズデモーナが不義の仲であるとでっち上げるのです。
それを信じたオテロは嫉妬のあまり、デズデモーナの殺害を計画。
そして、イアーゴの嘘の証拠で確信したオテロはデズデモーナを首を絞めて殺害。
茫然としているオテロにイアーゴの妻は人々を呼び集め、イアーゴのたくらみが明かされ、過ちを悟った
オテロは短刀で胸を突き、デズデモーナの上に倒れて息絶えるのでした。
kokuritu3_20120416162136.jpg
何回かのオペラを鑑賞して感じたことは、昼メロの原型、ここにあり、なんですよね~^_^;
素晴らしい音楽と歌があるから芸術になってしまうのかな~?
まさしく、ドロドロの昼メロなんですよね~ププッ
観終わった後にはドッと疲れが~^_^;
それでも最後のシーンでは感動して涙が出てしまいましたけどね~



今回はランチをうちで食べて行ったので~
夕食を近所のイタリアン「デルソル」でいただきました~ふふ
うちにいた息子も呼んで~3人で食べましたよ。
スプマンテも飲んで~美味しいお料理も食べて~満腹でおうちに帰りました~へへ
Del Sol2

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : オペラ オテロ 新国立劇場 夕食 イタリアン スプマンテ

音楽って素晴らしい~(*^_^*)

先週の土曜日は新日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に主人と二人で行ってきました。
私の大好きなマーラー作曲「交響曲第9番 二長調」だったので、姉に頼んでチケットを手配
してもらったんです。
指揮者は去年マーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」を指揮したダニエル・ハーティング氏です。

感想の前に~
演奏会は午後二時からだったので
ランチをすぐそばの東武ホテルレバント東京(旧 東京マリオットホテル錦糸町東武)
でいただきました。
ここは昔、新日フィルの定期会員だった頃に、毎月1回の演奏会を聴きに行くその前に
主人とランチを食べていた場所なんですよ。
今回、お久しぶりに行きましたがすっかり変わっていました~^_^;
それもそのはず~東京スカイツリーがバッチリに見える場所なんですよね~!
スカイツリーの眺望が楽しめるレストランになっていました。
お昼間はレストランですが、夜になるとバーになるそうです。
夜景も綺麗でしょうね~(*^_^*)
あいにく、この日は曇っていたので~残念ながら~素晴らしい眺望とは言えませんでしたが
それなりには楽しめましたよ~ふふ
こちらがレストランのHPです。レストラン&バー簾
ren.jpg

お食事はスカイツリーの第一展望台に見立てた白塗りの三段重の
その名もスカイツリービュー弁当をいただきましたよ。
一の重/お造り
二の重/煮物
三の重/山海八寸盛り合せ

フォワグラ入り洋風茶碗蒸し
季節の椀
季節のご飯
デザート
コーヒーまたは紅茶
お外を眺めながら~美味しく堪能させてもらいました~
向いの席は法事帰りの予約が入っていたようで、私達が終わるころに
大勢来られたので、ラッキーでしたね~^_^;
ren2.jpg

そして、先にチケットをもらってから時間まで近くのデパートに行って~新しく来るキャンカーの調度品など見てました。
開場に入ると、たくさんの方がいて写真撮るどころでもなかったですし~撮影禁止ですから
中の写真はありませ~ん^_^;
この日は姉と同い年で私とも幼馴染みの方に久しぶりにお会いしましたよ。
定期会員になってくれているんですぅ~うふ
ren3.jpg
それでは~曲目の紹介&感想です~!

マーラー作曲「交響曲第9番 二長調」
第一楽章、二楽章、三楽章、四楽章で演奏時間は80分です。

全楽章が好きですが、特にフィナーレの弦楽器の旋律が最高です。
天上界を思わせてくれるような 音色が響き渡ります。
魂を鼓舞される素晴らしいメロディなんです。
主人も私も涙をこぼしながら、聴いていました。
マーラー自身、わが子を亡くしていて結婚前にはそれを予兆するかのように「亡き子をしのぶ歌」を
書かれていたそうですが、その第4曲の「よく私は思う、子供たちは出かけているだけだと」が象徴的に
この交響曲にも引用されているんだそうです。
終結はやはり弦楽器の響きだけの旋律ですが、最後の小節には「死に絶えるように」と
記されているんだそうです。本当に命の灯が消え行くように感じます。
指揮棒が止まり、演奏の終わった後の余韻に浸り、充足感でいっぱいでした。
命の洗濯ができましたよ!また、頑張る意欲が湧いてきます~♪
音楽って本当に素晴らしい!
decojiro-20120124-164923.jpg

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

tag : ランチ マーラー 第9 トリフォニー 東京スカイツリー

ハーティング氏のマーラー5番

先日、新日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に行ってきました。
3月11日の震災当日に演奏した曲目と同じマーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」でした。
指揮者のダニエル・ハーティング氏は震災のニュースを聞いた当日、演奏会を中止するのではなくて
演奏することに 決めたのだそうです。
もちろん、客席は空席が目立っていたとのことでしたが
心温まる素晴らしい 演奏会になったそうです。

こちらは演奏会場から見えたスカイツリーです。
写真では伝わりにくいですが、とても大きくて迫力満点でしたよ。
IMG_1584a.jpg 

今回は冒頭に東日本大震災で亡くなられた多くの方々へ下記の曲を捧げますとの折り込みが入っており
また演奏後の拍手は辞退させていただきますと書かれていました。

その曲はエルガー作曲「創作主題による変奏曲(エニグマ謎)」op.36より
第9変奏「ニムロッド」

そして

マーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」

素晴らしい演奏に感動し、魂を鼓舞される思いでした。
客席の方々も拍手喝采でいつまでもいつまでもなり止まなかったです。
そして、演奏会後にはハーティング氏自らロビーに出て、義援金を集められており
寄付された方々と固い握手をしていました。
また最後のおひとりと握手が終わると、拍手して団員の方と抱き合っておられましたよ。
その後はサイン会と、演奏後のお疲れもあるでしょうに、頑張ってるお姿に感動でした。
因みにハーティング氏の隣りにいるのは団員である私の姉です。
sumida_20110704122901.jpg

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

tag : 新日フィル 演奏会 ハーティング氏 マーラー スカイツリー

オペラ「蝶々夫人」

先週末にオペラ蝶々夫人」をパパちゃんと一緒に観に行ってきました。
数多くのコンサートに足を運んできましたが、新国立劇場は初めてでした。
うちからは一番近いんですけどね。ご覧ように立派な建物でしたよ!
IMG_1475a.jpg

ここにはいろいろなレストランがあるので、開演に間に合うようにMAESTROという
イタリアンランチを予約しておいたんです。
まずは~スプマンテ(私だけですが)を飲み、

私は
ステーキランチ
冷製トマトのクリームスープ・バジリコ風味
 ★
    サーロインステーキ
   パン・デザート・コーヒー

パパちゃんは
MAESTROのお勧めランチ
ズワイ蟹と野菜のキッシュ オーロラソース
 ★
霧島ポークロースのグリル サルサヴェルデ
モーツァルトチョコレートリキュールのムースを
注文しましたよ。
madama.jpg

店内もとても落ち着いた感じでゆっくりと美味しく頂きました。
madama2.jpg

ランチを終えると、すぐに劇場ホールがあります。
赤枠はランチを頂いた「レストラン MAESTRO
黄枠はオペラの会場内です。
madama3.jpg

写真撮影や録音は禁止なので、ポスターでご勘弁を・・・
突き当りが劇場ですが、まだ開場前だったので、閉まっています。
madama4.jpg
私はこの「蝶々夫人」の観劇は何度目かなものですから、音楽の演奏と共に
始まると涙が止まらず、困ったもんでした。^^;
ヘルペスになってから、初めてのオペラでしたが、満喫させてもらいました。

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

tag : 新国立劇場 蝶々夫人 オペラ MAESTRO イタリアン ランチ

壁掛けアート時計
ご訪問有難うございます
閲覧有難うございます
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
フェイスブック


 
ランキング
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
blogram投票ボタン
ブログパーツ
BGM
アクセス解析
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。